【メンズ】オーバーサイズ、ビッグシルエットのアウターはどう着る?

オーバーサイズやビッグシルエットのアウター着こなし

女性のワイドパンツから始まり、トップス、アウターからメンズにまで人気が波及してきたオーバーサイズやビッグシルエットのファッション。

体系がカバーできたりリラックス感があったりと、現在でも人気は継続中のようです。

今回はそんなオーバーサイズのアウター着こなしについてまとめてみました。

オーバーサイズは何故流行った?

「ファッションは繰り返す」と言われてますが、近年トレンドのオーバーサイズも90年代に流行ったヒップホップカルチャーが起源と言われてます。

最近ではあまり見かけませんが、当時はトレンドでもあり最新のファッションとされていたヒップホップ。ジャージーにダボパン(だぼだぼのパンツ)ガチャベルトにティンバーランドなどを身につけてた若者が数多くいました。

ヒップホップ

ヒップホップカルチャーに影響を受けてる男性を”B-BOY”とも呼び、そこから”B系ファッション”とも言われてました。

そして近年の90年代リバイバルブームにより、そんなB系ファッションの特徴でもある”だぼだぼ”から、オーバーサイズやビッグシルエットが流行しているとされてます。

オーバーサイズが流行り続ける理由

冒頭でも話しましたが、オーバーサイズやビッグシルエットの場合、ある程度体系をカバーできるのがメリットのひとつです。

今まではタイト目な服が主流だったので、どうしても体系が気になってた方も多かったでしょう。そこをカバーできるのがオーバーサイズの利点でもあります。

デブ

また、スマホの普及により以前よりネットを活用する方も増えてきました。それにより、服をネットで購入する通販需要も多くなってきましたね。

オーバーサイズは実際に試着しなくてもサイズミスが少ないため、ネットでも購入しやすいという利点もあります。

オーバーサイズはその他にも、ユニセックスタイプが多いので夫婦やカップルで交換して着れるという便利な面もあります。

のように、オーバーサイズやビッグシルエットはただ単に90年代リバイバルブームで流行ってるだけではなく、いくつかの利点があるので流行ってるとも言えるでしょう。

オーバーサイズのメンズアウター着こなし

オーバーサイズやビッグシルエットのTシャツ着こなしに引き続き、アウターの着こなしについてもまとめてみました。

⇒ オーバーサイズのTシャツをだらしなくならないように着こなすには?

オーバーサイズは着こなしによっては”ダラシない”や”子供っぽい”との印象を与えてしまう場合があります。大人っぽく着こなすにはシンプルにまとめるのが◎

オーバーサイズアウター

上下同色でシンプルなセットアップ感なブルゾン。

アウターをオーバーサイズにするだけで今旬な着こなしを演出できる。

その他インナーや小物もシンプルにまとまった御方の着こなしは今期の大人オーバーサイズコーデのイチオシ。

オーバーサイズアウター

こちらもセットアップで軽めのジャケットを着こなしたシンプルなコーデ。

セットアップは元からそのスタイルが完成されているため、比較的取り入れやすいコーデ。だがそれ故に別アイテムで色を多用したり、小物を取り入れ過ぎるてしまうと子供っぽくなってしまう。

基本はシンプルで要所にポイントを使うなどし、大人っぽさを忘れないように着こなしたい。

オーバーサイズアウター

オーバーサイズアウター

モッズコートなどのミリタリー系アウターは大きめサイズが豊富なので、比較的手に入れやすい、また挑戦しやすいアウターでもあります。

フォーマルな着こなしのハズしとしても良いですし、そのままカジュアルアウターとして取り入れても◎

オーバーサイズアウター

トレンチやチェスターコートなどのキレイ目をサイズアップ、またはロング丈にしてみれば、ドレステイストのオーバーサイズコーデを作り上げる事もできる。

オーバーサイズアウター

インナー、パンツ、シューズをシンプルしても、テラコッタのオーバーサイズトレンチコートならそれだけで旬な着こなしを演出できる。

オーバーサイズアウター

ビズスタイルやキレイ目な装いにはドレスっぽいオーバーサイズのコートが最適。

普段よりワンサイズアップしたベルテッドコートでもベルトを結べばキレイなシルエットを保てる。

『オーバーサイズ、ビッグシルエットのアウター』・まとめ

今回は人気継続中のオーバーサイズ、ビッグシルエットのアウターについてまとめてみました。

ビッグシルエットだと、「ダラシない…」というネガティヴな印象になりがちですが、正しいサイズ感と着こなしによって旬なコーデを作り上げる事も可能です。

この人気はまだまだ続きそうですね。

今回も最後までご覧いただき有難うございました。